古典挿絵ポストカード。

オーブリー・ヴィンセント・ビアズリー(1872-1898)作品より。

スチュディオ誌『イ・ゾルデ』から抜粋。

イギリス・ヴィクトリア朝時代を代表するイラストレーターとして知られ、耽美・唯美主義に根差した独特の退廃的な描写が特徴です。

白黒のペン画が印象的な鬼才と謳われましたが、結核により25歳という若さで夭逝します。

特に『アーサー王の死』の挿絵を手掛けたほか『サロメ』の挿絵なども担当し、『イエローブック』『サヴォイ』などの文芸誌創刊にも携わります。

 

POSTCARD A・V・ビアズリー 『イゾルデ』 No.HW101-BP

¥200価格

新刊