ルネート・シャップ(作)、マリー・ジョゼ・サクレ(作画)。

中世のスイスを舞台にした可愛らしいお話です。

お城に住む幼いお嬢様と召使(庭師)との、他愛無くかわいらしいお話です。

画面をいぱいに使った美しい描写が、読み手を別世界へ誘います。

 

(ソンリーサシリーズをお求めのお客様には、翻訳されたページのコピーを同送させていただきます。ご希望の方はお申し出ください。)

DIE GELBE BLUME「黄色い花」(スイス)  ソンリーサ21

¥2,000価格

裸本になります。
書き込み等なし。
表紙に微スレがみられます。
一部ページ(見返し等)に微シミあり。
読了上支障となる癖はありません。