まだこの世にお話がなかったころ、マザネンダバはお話を探しに森へ出かけました。
けれども、だれもお話がどこにあるか知りません。
やっと海の底の王様が知っているかもしれないと教えてもらったマザネンダバは、イルカに連れて行ってもらって海の底の国で、お話の貝をもらって帰ります。
それからというもの夕日が沈むと人々はお話を楽しみ、口から口へとお話を伝えるようになったのです……
南アフリカ共和国の色鮮やかなマプラ刺繍による、美しい絵本です。

(福音館データベースより)
 

マザネンダバ 南アフリカ・お話のはじまりのお話 こどものとも 2012年 ティム・ムショーペ:文 マプラ刺繍プロジェクト;刺繍

¥1,200価格

2012年初版。
表紙に傷・微シミが見られます。
末尾に小さな氏名印(1x5cm程度です)押印あり。
読了に影響のある目立つ使用感はありません。