アリストテレスは、「ウナギは泥から産まれる」とその著書に書きました。
ウナギの卵や稚魚を見たことがなかったからです。
それから2000年以上たった今も、ウナギがどこで、どうやって産卵するのかは謎につつまれたままです。
その謎にせまるため、研究者は調査船白鳳丸に乗って、マリアナの海を目指します。

(福音館データベースより)

ウナギのふるさとをさがして たくさんのふしぎ 2005年7月号 福音館

¥1,100価格

2005年初版。

経年による微ヤケ、表紙に小スレ等が見られますが、読了に影響のある目立つ使用感はありません。