兄さんのむるは作りたがり屋。

妹のめるは行きたがり屋。

こびとの兄妹は、ひなた山のてっぺんから、葉っぱのそりですべりおり、花畑で遊びました。

次は花の車と葉っぱの帆をつけたヨットを作りましたが、風が強くて吹き飛ばされ、川の中へまっさかさま。

そこでこんどは、ガマの穂でいかだを作って川をくだっていきます。

ものを作る楽しみと、遠くへいく冒険にみちた絵本です。
(出版社データベースより抜粋)

 

月報『えほんのたのしみ』付。

リトグラフ作家としても知られる作者。

世界中を見て回った経験が生きた、瑞々しい想像力あふれる絵本。

むるとめるのぼうけん (久我 通世 さく・え)こどものとも 1982年3月号

¥1,000価格

経年による微ヤケが見られます。
読了に影響のある目立つ使用感はありません。