夏が近づいて、はげしい西風がぶつかるころ、かえでがおか農場にあるいちばん古い木が吹きたおされました。嵐がいってしまったあと、たおれた木のうろからでてきたのは、小さな小さなみみずくの赤ちゃん。母さんもいない、まだとぶこともできない、えさもさがせないみみずくの子が、農場で日一日と成長していくすがたが愛らしく描かれています。4歳から。

みみずくと3びきのこねこ アリス&マーティン・プロベンセン ほるぷ出版

¥1,950価格

2007年第9刷。カバー付き、表紙背などにに若干シミが見られますが使用感はほとんどありません。