森のおくに1匹のくまがおりました。

木の葉がちり、がんが南へとんでいくころになると、くまは眠くなりました。

くまは、ほらあなにむかい、冬眠にはいりました。そのあいだに、森に人間がたくさんやってきて、木を切り倒し、大きな工場を建てたのです。

 

さて、冬眠からさめたくまはあまりの変わりように・・

 

「ひと」としてのアイデンティティを殊更に考えてしまいます。
人間と思い込んでしまうようになった熊の運命はいかに・・
イエルク・ミューラーの美しい挿絵、そして随所にひかるブラックなユーモアに引き付けられます。

対象年齢は4歳ごろからいかがでしょう。

ぼくはくまのままでいたかったのに イエルク・シュタイナー 作 イエルク・ミュラー画

¥500価格

1986年第15刷(初版1978年)

表紙カバーありません。

小ヤケ・天シミが見られます。

(年式相応程度、クリーニング済)

本体に目立つ使用感なく良好です。