「さかなすくいにいかっちょ」暑い夏のある日、ひでは友だちと、田んぼの中を魚捕りに出かけます。
山裾の滝のところで魚を追いたてると、大きなコイがかかりました。
それから畑の野菜をもいではしゃいでいると、おじさんに見つかって大目玉。
夕方、お寺の鐘が鳴るまでいっしょに遊びます。
細部まで描き込んだ山あいの農村風景の中に、子どもたちのいきいきした会話が響く絵本です。
(福音館データベースより)

さんねんごい こどものとも340号 菊池日出夫

¥3,800価格

1984年初版。
経年による小ヤケ・表紙に小スレ・微シミ見られますが、目立つ使用感はありません。