小さなハティーは浜辺をさんぽするのが大すきでした。よせてはかえす波の音をききながら、ハティーは心に強くきめていることがありました・・・。著者のバーバラ・クーニー自身の母親をモデルにした物語。画集のような力のあるバーバラ・クーニーの挿絵が、夢に向かって歩みだす主人公の生き生きした様子を、さらに引き立てます。

おおきな なみ―ブルックリン物語 バーバラ・クーニー:作/掛川恭子:訳 ほるぷ出版

¥1,500価格

2004年第10刷。カバーに若干のヤケが見られますが、概ね使用感すくなくきれいです。絶版の絵本。