直訳すると、『常に、パリ』でしょうか。
作者のヤン・レイマはフランス人ですがルーツを中国に持ち、台湾大学で学んでいます。
セーヌ川や寺院など、おなじみの光景だけでなく蚤の市の画像やオブジェと戯れる子供の画など目を引き付けられる作品集となっています。
今は焼け落ちてしまったあの寺院なども。

Toujours Paris .Yann Layma ヤン・レイマ写真集

¥1,800価格

表紙に小スレあり。
背綴じに若干のユルミが見られます。
経年・使用感は見られますが、紙面に目立つ癖はありません。