伝説の奇人・オイレンシュピーゲルのこどものころのお話。

子供のころより奇妙で不思議な力を持っていた、というくだりです。

日本では金色夜叉(尾崎紅葉)の遠いモデルになったともいわれており、R・シュトラウス彼を題材に交響曲を書いたそうです。

ツヴェルガーによる幻想的な絵が、彩りを加え美しい絵本になりました。

 

(ソンリーサシリーズをお求めのお客様には、翻訳されたページのコピーを同送させていただきます。ご希望の方はお申し出ください。)

Till Eulenspiegel「オイレンシュピーゲルの子供のころのお話 」(オーストリア) ツヴェルガー 絵 ソンリーサ23

¥1,800価格

裸本になります。
書き込み等なし。
表紙に微スレがみられます。
一部ページに微シミ・微ヨレあり。
読了上支障となる癖はありません。