むかしむかしあるところに、それはそれはおこりんぼうで、口の悪い王様がおりました。ある秋の日のひぐれどき、森の王と名のる不思議な男に、「あなたの姫を、むすこの花よめにほしい」と言われておこった王様は、つい悪口を言ってしまいます。すると王様は、悪口がすべて本当になる魔法をかけられてしまい…。 (邦題の書評から抜粋)

「おどる12人のおひめさま」「いばらひめ」など伝統寓話絵本の挿絵で名高いカインが、独自に製作した作品です。

華やかで幻想的、そしてウィットに富んだ内容になっています。

The Cabbage Princess (邦題 : キャベツ姫) エロール・ル・カイン(作・画) 英語

¥4,800 通常価格
¥3,840セール価格

1969年初版。表紙カバー裏に購入者による日付メモあり。微ヤケ、表紙カバーにスレなど見られますが、読了に妨げとなる目立つ使用感はありません。