古典挿絵ポストカード。

『バトゥーラ姫』より抜粋。

エドマンド・デュラック(1882-1953)はフランス・トゥールーズ出身の挿絵画家。

後世に挿絵の黄金時代と呼ばれた時代に、主にイギリスで活躍した作家です。

『アラビアン・ナイト』『ルバイヤート』『テンペスト』『アンデルセン童話集』『鐘、その他の詩』などが著名です。

アーサー・ラッカムの後任として筆をとる機会も多く、文字通り黄金時代を代表する一人です。

大戦中はドゴールによる依頼で自由フランスの紙幣・切手のデザインなども担当しました。

POSTCARD デュラック『バトゥーラ姫』 No.ED012-BP

¥200価格

新刊