ほとんど絵のない絵本です。

地下鉄を移動する人々、幼い子供を連れた親子・・。

小さな窓からのぞく風景は、心の窓の風景かもしれません。

 

独特の心象風景を描くキーピングの絵が特徴の作品です。

本作品ではありませんが、作者は『Charley, Charlotte and the Golden Canary』「しあわせどおりのカナリヤ」で1967年ケイト・グリーナウェイ賞を受賞しています。

Inter-City チャールズ・キーピング

¥2,800価格

表紙カバーなしの裸本です。弊社でビニールカバーを施しています。経年による微ヤケ・表紙微スレ見られますが軽微、目立つ使用感はありません。