日本を代表するリトルプレスの書評、第8弾。

好きなストーリーはひとによって違うようです。日本人の心を捉えて離さない怪談の世界。

失われつつあった土着のストーリーを生き返らせたのは、日本で生まれた人ではありませんでした。

多角的な視点が面白い珠玉の書評の数々、イラストの質も高いですよ。

APIE(アピエ) vol.8 ラフカディオ・ハーン『怪談』  アピエ社

¥1,200価格

2005年 初版本。使用歴のない新古本ですのできれいな状態です。