風の精と出会った男の子が神秘とふれあい、さまざまな気付きを得て成長していく様を描いた作品です。

子どもの世界観が失われていない、古き良き時代の光景がこの本で味わえるドイツ中部の古いお話。

訳者の秦さんはオルファースの研究者としても知られます。

美しい挿絵は言うまでもありません。

風さん ジビュレ・フォン・オルファース 平凡社

¥4,500価格

2003年第2刷。表紙カバーに端スレなど見られますが、本体に目立つ使用感はありません。