雑誌「童話」は「赤い鳥」「金の船」と並ぶ大正期の童話・童謡雑誌で、日本の児童文学史上 に大きな足跡を残した記念碑的存在である。

小川未明・田山花袋・宇野浩二・室生犀星・武者 小路実篤・秋田雨雀・吉田絃二郎・与謝野晶子・佐藤春夫・島崎藤村・豊島与志雄などの童話、 西條八十・島木赤彦などの童謡、そして川上四郎の童画に代表される香気豊かな世界は、今 日なお衰えぬ魅力を持ちつづけているが、特に「童話」は、その編集に携わった千葉省三をは じめ、多くのすぐれた新人童話作家、新人同様詩人を輩出した点に最大の功績がある。

(資料内部から抜粋。)

輸送函は欠品していますが、保存状態は良好です。

昭和の出版社には、(こと復刻事業において)驚くべき功績があります。

雑誌 童話 復刻 75冊 プラス別冊 揃い 附録ポストカード付 岩崎書店

¥40,000価格

外函あり。
外函・一部の表紙に微シミ見られますが、概ね未読・良好です。
別冊付録あり。
画像をご参照ください。