《作者紹介》
1969年愛知県生まれ
岐阜県拠点に活動している現代アート造形作家

 

どのような場所でも、展示する場所と空間を深く読み込んだ上で、シンプルな形で、丁寧に絵画と彫刻の作品を作ってきた。
それらの作品を作り上げてきた形のモチーフは多くの場合、人、そして家である。これらは、手の痕跡を多く残しつつも、近代以降の絵画や彫刻のように図式的に表現されてきた。
同時に平面や空間の中で、人と家の形は、造形面での均衡、時に意味論的な均衡の中で表現されていく。
そして鳥の形が加わってきたのが近年のことである。
その登場を人からの変形とも、人と家の間に存在するもの、とも捉えることもできるだろう。
鳥の姿が登場したことで、彼の作品にはアルカイック、もしくは古典的な要素が与えられ、より始原的な世界が表象されるようになってきている。
 

※データベースより抜粋

遠くからでも見える人 森北伸 図録 十和田市現代美術館

¥1,500価格

《ほぼ未使用・本文に書き込み等なし》
表紙に小スレ見られますが軽微です。
目立つ使用感はありません。