1974年の閉山後、廃墟と化した海上炭鉱都市・軍艦島。
鉄筋コンクリート建築の耐用年数を遥かに越えて残存する巨大なアパート群をはじめ、謎に包まれた鉱業所エリア、崩落の危機に瀕する地下施設など、圧倒的な存在感を放つ建築群で埋め尽くされた島内は、まさに「廃墟の聖地」です。

■本の内容
●住宅棟アーカイブズ
大正時代に建てられた日本初のRC造アパートをはじめ、計38物件の住宅棟を築年順に掲載した軍艦島建物図鑑。

●昭和のタイムカプセル
カラーテレビや冷蔵庫、玩具など、30年の時を越えて島内に残る生活の痕跡。哀愁漂うグラビアページ。

●軍艦島名所散策
「端島銀座」「地獄段」「ドルフィン桟橋」など、軍艦島ならではの個性的なスポットを紹介。

●鉱業所アーカイブズ
これまではあまり紹介されることのなかった炭鉱施設。日本の近代化を支えた軍艦島の産業遺産をカテゴリー別に解説。

●軍艦島アンダーグラウンド
崩落の進む「人道トンネル」や地下ショッピングセンター跡地、共同風呂など、島内に残存する地下空間の記録。

 

制作:オープロジェクトについて

2003年に、軍艦島に感銘を受けたクリエーターによって結成された産業廃墟メディア制作ユニット。
軍艦島をはじめ、国内の様々な産業廃墟を、映像作品・写真・書籍・ウェブ・アプリ・エキシビション等、
あらゆるメディアを使って製作。
軍艦島データベースサイト「軍艦島オデッセイ」運営。
http://www.gunkanjima-odyssey.com/

※上記サイトはFlashを使用します。


(出版社データベースより抜粋)

軍艦島 全景 オープロジェクト 三才ブックス

¥1,550価格

函(クルミ装)あり。
函に微ヤケが見られます。
本体に目立つ使用感はありません。