ことさら印象的な挿絵と冒頭のことばを、やなせたかし氏が担当されています。

小曽根俊子さん (1954年ー2005年)。
脳性まひを患い、車いすの詩人として知られています。

表題の「愛は藍色」はNHKコーラスの主題歌になった詩です。

65作。珠玉の作品集は、凛とした空気感と限りない優しさにあふれれます。

「詩とメルヘン」誌でやなせたかし さんは “心の中で鐘が鳴り響き” 言葉を失ったと語っています。

詩集 愛は藍色 おぞね としこ マイライフ社

¥0価格

昭和56年(1981年)第6刷。

経年により裁断面に微ヤケ、表紙にスレなどが見られますが、目立つ使用感はありません。。

自社でビニールカバーを施してあります。