絵の才能も豊かなフジ子の初めての絵本! 本物のピアノが買えなくて、母の手作りの紙のピアノで練習してきた少女。一粒の涙が奇蹟を起こした! 少し前の日本の懐しい感覚と音の世界を見事に表現した絵本。ピアニストとしての絶頂期に聴力を失ってしまった作者が描いた、美しい物語。

紙のピアノの物語 松永順平:文 / フジ子・ヘミング:絵 講談社

2003年初版。帯付き、経年ヤケは見られますが使用感はほとんどなくきれいです。