架空の東欧小国シルダビアで、王位を象徴する杖が盗まれた。

杖をもたぬ王は国を治める資格を失うことになっているので、悪党一味のねらいはシルダビアの国王を倒して、シルダビアをボルドリアに併合することであった。

タンタンは「他人のことに首をつっこむな」という悪党の警告を無視し、国王にその陰謀を明らかにした。

そしてついに盗まれた杖をとり戻し、シルダビアの再校の勲章が授与された。

タンタンの冒険旅行シリーズの17作目。

(福音館データベースより)

オトカル王の杖 (タンタンの冒険) エルジェ 川口恵子 福音館

¥1,300価格

1999年初版刊行。
表紙に小スレ・見返しに微シミ等見られますが、目立つ使用感はなく良好です。