銭形平次、生みの親である野村胡堂。
野村が天明記に、困難を極めてきた『印旛沼開墾』を題材に生み出した作品です。
開墾自体は昭和期に完成し、半世紀を重ねました。
昭和23年に刊行された『町人十萬国』は今でも貴重な本ですが、地元佐倉市の有志によって復刻本が刊行されています。
 

町人十萬国 (復刻) 野村胡堂 高比良直美 瀧書房刊行

¥3,800価格

2018年初版。
表紙カバー小スレなど見られますが、目立つ使用感はありません。