「書物の誕生以来、この世にあらわれた、博物学に貢献する文献のうちもっとも高貴な作品のひとつ」といわれる〈幻の名作〉。
ルナールがオランダ東インド会社を通じて入手した「生体写生図」は、ひからびた標本しか見たことのない眼にとって、まさに驚異の幻想図であった。
(出版社データベースより抜粋)

 

圧倒的な美しく且つ緻密な描写。
筆者をして『眼玉の大冒険』と言わしめた自信作です。
 

極楽の魚たち (ファンタスティック12)  荒俣 宏 (著) リブロポート

¥5,000価格

《帯付き・書き込み等なし》 
製作者向け初期LOT配布品。
微ヤケ見られますが、目立つ使用感はありません(内部ほぼ新品)。