春がゆっくり近づいてきた頃、ぐっすり眠っていた根っこの子供達を、土のお母さんが起こして歩いていました。さあ、起きなさい。春が来ますよ。仕事を始めなくてはいけません…。

土が母、根っこが子どもたち。古き良き時代の光景がこの本で味わえるドイツ中部の古いお話です。

作家のH・D・フィッシュはコール・デコット賞受賞作家。

挿絵のオルファースが手掛けた8作品のなかでも、代表作とされています。

根っこのこどもたち目をさます ジビュレ・フォン・オルファース いしいももこ

¥1,000価格

2008年第6刷。表紙カバーはありません。小平き癖・一部ページヨレなど見られますが、目立つ使用感はありません。