柴田晩葉(1885~1942)。
隠れた傑作を生みだしてきた大津の日本画家。
還暦を待たず他界した、隠れた大作家でもあります。
時代を先どった先鋭的な画法にも取り組んでいますが、霧がかった「牧歌的」画法も多く、多くの受賞作があります。
水墨画の手法を取り入れたものも少なくなく、まさに多種多様な世界観が楽しめる展示となっています。
死後に寄贈された物もあり、展示記録としてだけではなく楽しめる図録です。

柴田晩葉‐湖都のモダン日本画家 図録

¥2,000価格

《書き込み等なし》 
表紙に小反り・微スレあり。。
紙面には読了に影響のある癖はありません。