舞台は中世イングランド、ヘンリー8世の治世。

バイオリンの腕を上げたいゆえに月に願いをかけたところ、月の精の怒りを買うことなってしまったセッピー。運命と闘う主人公の運命を、J・エイキンが実に緻密に美しく描くストーリーです。

指輪物語の挿絵を多く手掛けるアラン・リーが美しい世界をさらに幻想的に奏でます。

月のしかえし THE MOON'S REVENGE ジェーン・エイキン(作)/アラン・リー(絵) 徳間書店

¥2,600価格

カバーあり、帯はありません。表紙カバーに若干端反りあり。扉部に若干の点シミが見られますが使用感は少なく、概ね良好なコンディションです。