「書店とは、陳列された実体としての、みずからを提示し紹介する主体としての、書物のイデアにほかならない」──

ネットの普及、電子書籍の登場、減少する書店……

出版界が激変を迎える中、物質としての書物の意義を示し、書物には書店が不可欠であることを説く。

現代フランス最高の哲学者が、書物と書店を根底から問い直す。

 

《出版社のデータベースより抜粋》

思考の取引 ジャン=リュック・ナンシー 岩波書店

¥1,800価格

表紙、本紙ともに使用感は少なく良好です。

(店舗併売品なのでクオリティの若干変化の可能性がございます。お問い合わせください。)