土門拳(1909-1990)の代表作『筑豊のこどもたち』の正・続2冊セットです。
1960年台。
戦後の日本を語る上で避けては通れない、切り捨てられた労働者の生きるよすがを巨匠が描き出します。
今となってはとても貴重な、迫真のルポ。
 

土門拳 写真集 筑豊のこどもたち 、るみえちゃんはお父さんが死んだ 2冊セット パトリア書房

¥10,000価格

《本文に書き込み等なし》 
経年によるヤケ・シミが見られます。
続編にページ脱落箇所あり。
他の紙面には読了上、支障となる癖はありません。
(当時のペーパーバックですので状態は、良くありません。)