1989年第20刷。

写真史・ほぼ1世紀近い変遷を、独自の哲学者としての視点から論じています。

比較的版が新しく、保管のよい1冊。

職人的で作画の手段だった写真が、芸術手法として昇華されていく流れを、流麗で力強い文体で描かれています。写真論としてベストバイといえる1冊。

 

写真論 スーザン・ソンンタグ(近藤耕人:訳) 晶文社

¥2,200価格

状態は、丁落や折クセ、書き込みもなく、使用感小。

経年による酸化、ヤケ、シミなどは若干確認できますので、画像をご覧ください。