1975年初版。

作者の属性は不明ですが、一日本人としての視点から、レアな地域の食をレポートしています。

今は地理・地勢要件も変わっていますが、調べながら読み進めると楽しさも数倍の本です。

改めて思いますが、一昔前のレポは写真も、文章も今とは違う味わいがあります。

中日新聞の記者であったという著者、転じて古本の良さを感じさせてくれる一冊であります。

世界を食べ歩く 豊田稔 日本交通公社

¥890価格

1975年刊行の本。

表紙はじめ、経年によるヤケ・シミは散見されます。

全般にクセ、使用感は少なく快適にご利用いただける状態と思われます。

楽しい本ですので、古書としての楽しみを味わっていただける1冊かと。