「リーサは、お花といっしょに夏至まつりがたのしめるね」 リーサはこのことばを、心のなかで、なんどもくりかえしてみました。きょうの夕方は、花たちがどこかいつもとちがっています…。生き生きとした花の精たちの唄・装いに引き込まれます。ベスコフの真骨頂、美しい絵が生きる1冊です。

リーサの庭の花まつり エルサ・ベスコフ 童話館出版

¥800価格

2001年初版発行。背に経年ヤケ、表紙にスレなどが若干見られます。使用感は全般に少なく、閲覧に支障はありません。