有名料理学校の創設者が語る、フランス料理の薀蓄。かつて新聞記者であったという異色の経歴だけに、語り口はとてもユニーク。1971年当時の「婦人画報」に連載されたものを加筆・編集したものがベースになっています。キャビア、チップ、食通、葡萄酒(ワイン)とソムリエ、・・・など、かつて日本人が頭を悩ましていた話題にもふれ、愉しい1冊になっています。

フランス料理の手帖 辻静雄 鎌倉書房

¥3,400価格

1980年第5刷。初版は1973年です。経年によるヤケは見られますが、非常に軽微です。使用状態は良く、クセもない状態です。