“ビルディング・ロマンス”とは、19世紀ヨーロッパの“成長譚(ビルドゥングス・ロマン)”から来た造語です。20世紀以降の芸術は、ロマン派以来の人間的な重さを逃れて純粋な芸術を目指し、その分生と切り離された様式性に向かうようになりました。

 

本展では、現代の美術から切り離された“物語”や“ロマン”を、再び現在の表現に探ることで、観客と展覧会の新たな結びつきを目指します。しかしそれは、国家や民族など大き過ぎるものを指向した、啓蒙主義時代の“ロマン”ではありません。

 

本展は、家族や恋人、土地など、身近なものとの関わりの中から、現代における新たな“ロマン”を見出そうとするものです。日常と非日常、虚構と現実という枠を取り払えば、私たちの生きている世界自体が物語に満ちています。

それらの作品は、芸術が本来持っていた呪術的な力を蘇らせて、現在では見えにくくなった人間性や地域に眠る物語を垣間見させるでしょう。

(豊田市美術館データベースより抜粋)

ビルディング・ロマンス 現代譚を紡ぐ 豊田市美術館 2018年 図録

¥2,000価格

表紙・帯などに微スレ見られます。
本文に目立つ使用感なく、概ね良好です。