うつくしいセレストビル海岸で、ババールたちは、のんびりと休日をすごしています。

なかよしのおくさんは、そのあいだに、小説を書くつもりなんですって。

ところが…ホテルから、ピアノがぬすまれました。

ロビーに、てぶくろがかたほうだけ、おちていました。

これは、じゅうような手がかりです。「すぐ、捜査開始だ!」と、アルチュールが、はりきりましたが…。

(評論社データベースより)

日本の読者に、ことのほか親しみ深いババールの中でも最も人気のある作品のひとつです。

ババールのどろぼうをさがせ!  ロラン・ド ブリュノフ 評論社

¥1,000価格

2008年第2刷。
表紙にスレ・角ヨレ、若干の開き癖が見られます。
読了の支障となる、目立つ使用感はありません。