おおきな気球にのって、楽しいしんこんりょこうにでかけた、ババールとセレスト王妃。

ところが嵐にあい、島についらく。

そして、おそろしい事件がつぎつぎとおきて、ついにはサーカスに売られてしまう…。

ほのぼのとしたおおらかなユーモアにみちた、ババールの冒険物語。

(評論社データベースより)

ババールのしんこんりょこう ロラン・ド ブリュノフ 評論社

¥1,000価格

1974年(昭和49年)初版。
経年による微ヤケ、表紙に小スレ・微シミなどが見られます。

表紙カバーにスレが多いので画像は掲載していませんが、本体保護のため添付します。
読了の支障となる目立つ使用感はありません。