小山にすむ小人の一族、コロボックル。

彼らは昔、豆つぶほどの小さないぬを飼っていた。

コロボックルよりも、もっとすばしこくて、りこうな動物だったという。

ところが、死にたえたといわれていたそのマメイヌが、いまでも生き残っているらしい。

マメイヌさがしに、コロボックルたちの大かつやくがはじまった・・・・

「だれも知らない小さな国」の続編。

(講談社データベースより)

コロボックル物語(2) 豆つぶほどの小さないぬ 佐藤 さとる (著), 村上 勉 (イラスト) 講談社

¥900価格

表紙カバーに微ヤケ・微スレ。

裁断面に微シミと、ある程度使われた形跡は見て取れますが『丁寧』な使用感といえます。

2004年第14刷。