和服姿で額に深いしわを何本も刻ませた「金貸し」や、ついつい手の構えに舞台のしぐさが出てしまう「旅役者」など、なるほど、ドンピシャだ、と思える肖像写真の数々。
(出版社データベースより抜粋)

 

肖像写真では世界的に名をはせた作者による記念碑的一作。
焦点を『人』にあて、市井の人々を好んで被写体に選んでいます。
原点である浅草の人々に、改めて焦点をあてて構成。
(撮影はお決まりの雷門前が中心です)
彼にしか出せない、愛情あふれるポートレート集。
 

や・ちまた  王たちの回廊 鬼海弘雄 みすず書房

¥11,000価格

《本文に書き込み等なし》 
1996年初版。
帯付き、目立つ使用感はありません。
(ビニルカバーは弊店で施しております)