雪の夜、傷ついた鶴を助けた若者の元に、美しい娘が訪ねてきて、2人は夫婦になります。貧しい暮らしを助けるため、女房は隠れて大変美しいはたを織りました。はたを織る姿を絶対に見ないでほしいという女房との約束を破ってしまった若者が見たものは・・・。幻想的な美しさにあふれる鶴女房のお話の決定版。

つるにょうぼう 矢川 澄子:文/赤羽 末吉:絵 福音館書店

¥450価格

2003年第28刷。カバーなし、オモテ戸口にわずかな折り目などが見られます。使用感はありますが軽微、通読に支障はありません。