白樺林に住むカラスの夫婦に3羽の子ガラスが生まれました。

父さんガラスと母さんガラスはミミズや虫をさがしては、子ガラスたちに食べさせていました。

ある日、お百姓の家の庭で見つけたビー玉を持ちかえると、子ガラスが喜んだことから、カラスは、腕時計や眼鏡など、いろいろな「宝物」を巣に集めはじめます……。

カラスの習性に基づいたユーモラスなお話です。

(福音館データベースより)

からすのたからもの こどものとも192号 周はじめ 小松崎邦雄

¥400価格

1972年初版。
表紙に軽手折れ・ヤケ・微シミなど見られます。
読了に影響のある目立つ使用感はありません。