器には作り手のこころが宿っている。それは、かたちや色や佇まいの奥にあり、作り手の思いをのせてわたしたちに響く。そうして選んだ器を使うと、やがて器には使う人のこころが宿っていく。器との暮らし方、11人の作り手の思いを伝える。人気作家の器への思いや、器と暮らす日々を、やわらかな写真と静かな文章で語りかける。

うつわ日和。 祥見 知生 アノニマスタジオ

¥950価格

2005年初版、未使用。使用感なく、きれいです。